着物の遺品の処分について

着物の遺品の処分について

思い出深い遺品の整理の一つに、着物がありますね。最近着ることも少なくなりましたが、どの家にも何着かあります。まず着物の保存状態の確認です。ほとんど着ていないので、カビやシミが発生していたりします。シミぬきには、結構な金額がかかります。これらはあきらめた方が無難かも知れません。次に自分の周りに、着物を着る人がいるかということです。着物は流行もありますが、格の高いものや質の良いもの、普段使いのものと、いろいろあります。まず品定めしましょう。着ると思えば、形見分けをすればよいでしょう。後は、処分に入ります。買取に出すのが一番良いと思います。その場合、着物の素材が大事になります。正絹(絹100%)は一番高く売れます。有名作家のものや、産地もの伝統工芸品もかなり高くなりますが、これらは「証紙」のありなしで価格も変わります。保存状態で価格も左右なれます。ウールやポリエステルなど化繊ものは価格は低くなります。着物の大きさは、大きい方が仕立て直しができるので価格は高いと思います。あと、柄については好みもあるので一概には言えませんが、古典柄であれば安定して価格は高く、その他は交渉次第だと思います。自分が着なくて、違う人が着て下されのであれば、着物にとってもよいのではないでしょうか。賢く前向きに整理しましょう。